コントラバスのほぼ原寸大運指表

バス男
バス男

コントラバスのどこになんの音があるか、なかなか覚えれないんですけど…。

ごとう
ごとう

初心者には難しいよね。
家でもイメトレができるように、ほぼ原寸大の運指表を作ったから使ってみてね。

バス男
バス男

なんと!がんばります!

ということで、コントラバス初心者のかた向けに、ほぼ原寸大の運指表を作りました。

どなたさまでもダウンロードして使ってください。

スポンサーリンク

ダウンロード

2ページのPDFファイルです。

下記のどちらかの方法でダウンロードしてください。

  • ボタンをクリックして開いたページでダウンロード
  • ボタンを右クリックして「リンク先のファイルをダウンロード」を選択

 

ダウンロード

スポンサーリンク

解説

基本的に吹奏楽部で新しくコントラバスをはじめた中学生・高校生向けに作っていますので、#や♭の異名同音は♭の音を書いています(#は左横に書いています)。

右横には言語別音名を書いてます。一緒に覚えましょう!

使い方

2ページあります。
最初は1ページだけでokです。

細長い水筒やペットボトルなどに巻いて、実際に押さえてみたり正面から眺めてみたりしてください。

音の場所や距離感を覚えたら、2ページめを印刷しつなげて高い音も覚えましょう。

押さえるところの白丸はピアノの白鍵、茶丸は黒鍵にあたります。
つまり白丸はハ長調(イ短調)の音。

  • 2ページ全て覚えると吹奏楽で使う音域をほぼカバーできます。
  • 2ページめはG,D線をしっかり覚えたらA,E線はなんとなくでok

ポイント

  • まずは一番上の開放弦の音を覚えましょう。
  • 次の音までの幅が広いので、指をいっぱい広げましょう。
  • 薬指は使いません(この運指表の範囲では)。人差指→中指→小指の順で押さえます。
  • ピアノの鍵盤をイメージして、左から順番に弾けば半音ずつ音が上がっていくのと同じように、コントラバスの音も半音ずつ順番に並んでいます。
  • の左隣は]、[の左隣は]など音の位置関係はどこでも同じで、[高いドの左隣は高いソ]、[高いミの左隣は高いシ]になっています。覚えやすいね!
  • 1ページ目のE線の一番下のA(ラ)の音は、隣のA線の開放弦のラと同じになります。
    つまりE線のラを押さえて弾かなくても、隣の開放弦を弾けばokということ。
    他の弦でも同じです(下記図)。

  • 2ページめは太い弦はあまり使わないので、覚える優先順位は低いです。
    でもたまに使うのでだんだん覚えていくように!

注意点

A4サイズで作っていますので、印刷の際は、サイズA4100%のサイズ(拡大縮小せず)で印刷してください。
ポジションの距離が変わってしまいます。

プリンターの都合上、一番上や下が切れてしまう可能性がありますが、それでも縮小はしないでご利用ください。

眺める用途なら縮小ok。

それから、フリーでダウンロードしていただけますが、著作権は放棄していません。

さいごに

これで次のレッスンの時に、

「まだ覚えれてなくて…」

とは言わせませんよ!

バス男
バス男

……。

タイトルとURLをコピーしました