グルテンフリー生活 症状の追加

久々に改めてグルテンフリーについて書いてみたいと思います。

※以降「グルテン」って書いたり「小麦」と書いたりしてしまっていますが「グルテン」と思ってください(グルテンは小麦に含まれるタンパク質のひとつ)。

私の症状

  • 肩がこる
  • つりやすい
  • 吹出物が毎日できる
  • 手足の指がジンジンする(痺れ)
  • 朝顔がむくむ
  • 脇腹あたり痛い
  • 身体がだるい

以上が前回書いた症状です。
そして追加として

  • 眠くなる
  • やる気がでない
  • 冷え性
  • 頭痛
  • すぐイライラする

こんな感じ。

この全てが症状としてあらわれるのではなく3〜4つくらいでる感じ。

最近は、眠くなる、肩こりからの頭痛、だるい、やる気が出ない がよくでます。

眠くなる

誰だってご飯食べたら眠くなるじゃないですか?
だから私も全然気づかなかったのですが、お昼に満腹食べてないのに眠くなったり、確信したのは、醤油味のせんべいをちょっと食べただけで眠くなったことがあり、これも症状かも!と発見しました。

冬に晩ごはん後にこたつで寝落ちみたいなことをたまにしていたのですが、やっぱり小麦解禁していた時は100%に近いくらい寝落ちしてました。

『今日寝落ちするやろな』って思いながら食べてました。笑

なのでお昼ごはんに小麦を摂取してしまうと、もうその日は一日眠いだるいで終わってしまうので、最近はお昼にはほんとに取らないようにしています。

あとあんまり良くないかもですが、明日早起きでどうしても早く寝たいときに、小麦の入ったお菓子をちょっと食べてその眠気で寝るって使い方もしたり。。。笑

やる気がでない

これは「身体がだるい」の項目に近いのですが、「身体がだるい」は身体が重くてすぐ横になってしまう。

に対して「やる気がでない」は意欲がなくなる・ネガティブ思考になる・言い訳をつける・など精神的にだらけてしまうんです。

まあ身体がだるいからそういう思考になるのかもしれません。

冷え性

これホントに!
なぜか忘れてたけど、冷え性の人は隠れグルテン不耐性を疑ってもいいんちゃうかくらいの発見かも。

私は足が冷え性で、冬寝るときはベッドに入ったときにはもう冷たくて、足が暖まらないと寝れない、温まるまで3時間とかかかる人でした。ここ数年は。

で、レンジで温める湯たんぽや小さいホットカーペットを布団に入れて温めたりしていました。

ところが、グルテンフリー生活をしだしてから、布団に入ったら割とすぐ温まるようになり、1時間かからず寝れる日が多かったと思います。

なのでこの前の冬は湯たんぽはもう使ってないですし、小麦解禁期間にホットカーペット使ったくらいです。

小麦を摂取すると明らかに血流が悪い感じがします。

頭痛

これは肩こりからきていると思います。

また詳しくは記事で書こうと思いますが、両肩にロイヒを3枚ずつ貼ってコーヒー飲んだら軽い頭痛なら治ります!

追記:記事書きました!(2020.6.24)
私の頭痛の治し方

偏頭痛持ちで肩こりの方はぜひ試してみてください!

イライラする

これは精神的なことなのでたまたまでは?と思われるかもですが、明らかに小麦解禁期間のほうがちょっとしたことでイライラしてしまいます。

気をつけてください。笑

最近は

もちろん今でも基本的に小麦製品は食べないですが、たまに食べたい物とかあって食べたときにはそこから解禁期間にしてちょっと食べたりします。

でも2,3日で身体がだるくなってもういいってなります。

体調も関係しているみたいで、自粛要請開けに久々に合わせをして疲れた日にコロッケ2個食べて、その翌日と翌々日の2日間身体がだるくて廃人になってしまいました。

おわりに

症状の度合いは人それぞれで、隠れグルテン不耐性の人が実は多いのではと本に書いてたのを私も信じています。

最初に書いた症状が全部ではなく2,3個でもあてはまって、それが生活に支障をきたす程の悩みの場合は、まずは2週間でいいのでグルテンフリー生活をしてみるといいと思います。

私は一週間目くらいで違いがわかりました。

その症状の改善をとるか小麦(パン、ラーメン、うどん、パスタ、ピザ、etc.)をとるかの選択になりますが、小麦って中毒性があるらしく、私も最初のうちは食べたくなりましたが、しばらくすると全然食べたい欲はなくなります!

それに代用食品も最近はあるし、大事な用事のないあたりを解禁期間として食べたりすればいいので(体調にあわせて)、グルテンフリー生活はそんなにハードルが高いものではないですよ!

タイトルとURLをコピーしました