コントラバスのおすすめマイク

最近使っているコントラバスのマイクを紹介したいと思います。

主にライブで使う用のいわゆるクリップマイクです。

購入品

SENNHEISER E608(ゼンハイザー)

こちらはファンタム電源を必要としないダイナミックマイクです。

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / G-CLIP Bass コントラバス用クリップ

アマゾンにはなかったのでこちらです。

下に詳しく書いていますが、マイクに付属しているクリップだけではコントラバスに設置できなかったので、こちらを別で購入しています。

セッティング図

現状このセッティングに落ち着いています。
(クリックで拡大します)

マイク装着1

設置にしようしている2つのクリップ↓

マイク設置装置1

写真の上にあるのはマイクに付属していたマイククリップ。

下のが別で買ったコントラバス用クリップです。

本来は写真にある溝にマイクの首を挟むのでうまく合うか賭けだったんですが、残念ながらそこには合わず。

でもマイクに付属していたマイククリップとうまく合体することができました。

それがこちら↓

マイク設置装置2

マイククリップの真ん中の棒を下に通して挟んでいます。

そしてマイクは↓のピンクのところに通します(本来の付属クリップの方)。

マイク設置3

そして↓写真のようにG線とA線に設置し、駒の足の間にマイクをくぐらせます。

マイク装着1

本当はf字孔を狙いたいのですがちょっと厳しいんですよね。

設置に関してはまだ研究の余地ありですが、ちゃんと音は拾えています。

いいところ

クリップマイクであること

今までは会場や音響さんに用意してもらったスタンド式のマイクを使っていたのですが、それだと距離感を一定に保たないといけないのでちょっと身動きとれない感じがするんですよね。

ちょっと楽器をまわしたらゴンってマイクに当たるみたいな。

そのちょっとしたストレスから開放されたくてクリップマイクを購入しました。

一番近くで音が拾える上に、常に距離が一定に保たれるので◎

ダイナミックマイクであること

マイクはダイナミックマイクとコンデンサーマイクに大きく分かれるんですが、コンデンサーマイクはより繊細な音を拾える分、ハウリングしやすいそうです。

よくライブとかでスピーカーから「キーーーーン」って鳴るアレです。

あとファンタム電源といってマイクのケーブルから電気を送ってもらわないといけないんです。

そしてマイク自身も繊細なので湿気などに弱いそうです。

ファンタム電源はだいたいライブ会場にはあると思うので気にしないのですが、扱いやハウリングを気にしないといけないのはちょっと嫌かなと思ってダイナミックマイクにしぼり、ゼンハイザーのこちらを購入しました。

ゼンハイザーであること

マイクは初心者ですが、それでもゼンハイザーという名前は聞いたことがあります。

それくらいにメジャーなブランドであることと、2万円いかないくらいという高くもなく安くもない程よいくらいだったので(値段と質は比例すると思っている)こちらにしました。

あと商品説明に「豊かな中低域が特長」と書かれていたのと、周波数特性が40Hz-16kHz となっていたので、ちゃんと低い音から拾ってくれそうやなと思いこちらにしました。

ちなみに

コントラバス用のクリップを別で買ったわけですが、そのクリップはもとはこちらのマイクのためのものです。

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / GNM-1 楽器用ラベリアコンデンサーマイク

値段もお手頃なのでこっちと音の比較とか今後してみたいですね。

ちなみにこちらは名前にあるようにコンデンサーマイクですので、ファンタム電源が必要になります。

終わりに

ホントは自分で弾いたのを自分で確認したいところですが(会場のスピーカーから出てる音を)、もちろんそんなことはできないので、ライブに生徒さんが来ることがあったら実験にお付き合いしてもらおうと企んでいます。

タイトルとURLをコピーしました